最新記事一覧

運用しやすいかどうか

男性

海外FXで口座開設する場合、日本語サポートが整っているか、スプレッドや追証なし、ゼロカットシステムを採用しているかです。また、その会社が詐欺会社ではないかの確認や、責めるためにマイナーな通貨ペアを取り扱っている会社か選ぶ人もいるといわれています。

詳しく見る

コストを抑え利益を追求

グラフ

海外FXで口座開設をする場合、計画を立てて自律的な運用を心掛けることが重要といわれている為、参考にしてください。レバレッジやスプレッド、透明性の高い取引を考えて運用する事、税制について考えながら取引することが重要といえるでしょう。

詳しく見る

ECNかSTPかを選ぶ

男性

海外FXで口座開設をする場合、ECNかSTP、どちらかを選ぶことによって、メリットとデメリットが異なるでしょう。どちらを開設するとしても運用方法に違いが出てくる為、複数の金融機関でそれぞれの口座を開設する選択肢もあります。

詳しく見る

最短で取引できる

男性

海外FX口座の特徴は、口座申込みから実際に取引をするまでのスピードが早いことです。日本国内業者は郵送などの手間がかかりますが、海外FXの場合すべてWEB上とメールで行いますので、即日取引スタートさせることができます。

詳しく見る

利便性の高い活用

グラフ

海外FXで口座を開設して積極的に運用する人が増えた理由として、サービスの透明さや多角的なメリットが挙げられています。利便性の高い運用や、積極的に投資を行う人にとってのメリットが高いことから、人気を博しているといえるでしょう。

詳しく見る

日本と書式が異なる

人形

証明する為の書類が多い

日本とは多少用意する書類が異なるのは、海外FXに口座開設を行うために、重要なポイントとされています。具体的に必要な書類としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードのどれかと、住民票の写しやクレジットカードの利用明細です。クレジットカードの利用明細ではなく、ライフライン系の3か月分支払い明細を用意したほうがいい場合もある為、注意してください。海外FXで口座開設するときのポイントとして、本人確認書類は運転免許証等で、その住所に住んでいる証明書類として光熱費の数か月分支払い明細等です。どちらの書類も写真撮影を行う、スキャナで取り込んで画像をアップデートすることで書類提出となります。口座開設する時に気を付けたいのが、日本と海外FXでは書類を書く方式が大幅に異なっていることでしょう。日付や住所の書き方が、日本とは大幅に異なる為、慎重に入力することで申請時にトラブルにならず受け取ってもらえます。日本では年・月・日の順に書きますが、海外では月・日・年の順番で書く事や、住所は番地・町名・市町村名・都道府県名の順番で書く事です。また、電話番号の入力時には国際番号となる81を頭につけ、市外局番の最初の0を取り外すことといえるでしょう。これらの部分に気を付けることで、海外FXで口座開設をしてスムーズに取引が可能といわれていることは事実です。また、入出金には仮想通貨が使えて手数料もかからない為、利便性の高い利用方法として注目を集めるようになりました。