最新記事一覧

運用しやすいかどうか

男性

余分なコストをそぎ落とす

大まかな基準として挙げられているのが、日本語が通じる会社かどうか、その国の金融庁のライセンスを保持しているかです。ライセンスを保持していない不当な会社がないとは言えない為、開設する前に必ずライセンスの情報を確認しましょう。投資方法によって選ぶポイントは異なりますが、海外FXでスキャルピングを目指すなら、口座開設はスプレッドの狭い所にしてください。会社によって日本国内と同様のスプレッドの方法と、ECNと呼ばれる、スプレッドは0で、あとから手数料をつけるタイプがあります。かかるコストが安い方を選ぶことによって、取引を短時間にスムーズに行えるスキャルピングをしやすくなるでしょう。更に、アフターケアや顧客サービスが充実しているかどうかも、海外FXで口座を作る時には重要なポイントといえます。日本語で問い合わせて日本語で返ってくるかどうかや、不自然な日本語ではないかを確認する事は重要なポイントです。また、追証なし・ゼロカットシステムを採用しているかどうかも、口座開設の大きな決め手となるでしょう。海外FXではゼロカットシステムを採用している会社が少なくない事や、追証なしとしているところが少なくありません。積極的に運用したいのであれば、余分なコストがかからず、適切に運用できる海外FX事業者に口座を開設したほうがいいでしょう。なお、主要な通貨ペアはどの事業者でも取引できる為、攻めの姿勢でマイナーな通貨ペアのある所に開設する人もいます。